こじっぺのひたすら編み物(英文&日本語上級)

編み物歴20年。編んだニットの感想や毛糸の使い心地などひたすら編み物のお話をしたいブログ。

海外のニットを楽しみたい!

大好きなニットを編みながら更新中…

【Ravelry】棒針で編む編みぐるみ"Sheldon"。甲羅の付け替えができる亀のあみぐるみ。

こんにちは。こじっぺです。

棒針であみぐるみが編めるというのを、このあみぐるみで初めて実感しました。

 

もっとも、編んだのはもう何年も前になりますが…。

 

www.ravelry.com

 

RaverlyのSheldonの編み方

編む期間は2週間くらい

あみぐるみ初チャレンジだったせいもあるのかもしれませんが、こじっぺは編み上げるのに2週間くらいかかりました。

 

何しろ、使用する棒針が3号と細い上に編み図の指示が細かい!!

特に、難しいテクニックは使用しないのですが編み図と手元を行ったり来たりしながら編むと時間がかかります…。

 

難易度は中級と上級の間くらい

甲羅を編むのがちょっと難儀するかもしれないです。

他のパーツは、編み図に従ってさえいれば素直にできてくれるのですが…。

甲羅部分は、「んん?」となる部分が多いかも…。

 

f:id:koshibu:20160114130522j:plain

あんまりにもめんどくさかったので、省略しちゃったのですが本当は甲羅の周りにもう一つ模様がつくんですよね…。 

 

RaverlyのSheldonは編み目模様が綺麗

編み物を愛する人が作ったあみぐるみ

このあみぐるみを編む時の醍醐味は、編みながら美しい編み目模様が出てくるところ!

亀の口の部分から編み始めるのですが、編み目模様がちゃんと口に見えてくるし、首の細くなってくるあたりは芸術的です。

 

「この編み図を作った人は、編み物のことが本当に好きなんだなぁ」

と、しみじみ感じるあみぐるみです。

 

f:id:koshibu:20161230113641j:plain