こじっぺのひたすら編み物(英文&日本語上級)

編み物歴20年。編んだニットの感想や毛糸の使い心地などひたすら編み物のお話をしたいブログ。

【Ravelry】“Neon Ski Bonnet”北欧風の可愛い耳あて帽子を編みました。

スポンサーリンク

こんにちは。こじっぺです。

「冬用の帽子に耳あてがついた帽子を編みたいなぁ」と思って、RavelryのNeon Ski Bonnetを編んでみました。

 

www.ravelry.com

RavelryのNeon Ski Bonnetの編み方

難易度は中程度くらい

パターン自体はそんなに難しくないです。

 

  1. 耳部分の縄編みを編む
  2. 1から拾い目をして本体を編む
  3. 本体と縄編み部分から拾い目してガーター部分を編む
  4. 耳のところに紐をつける
  5. ポンポンつける

 

という編み図の順番通りに編めば特に苦もなくできました。

強いて言うなら、本体部分の飾り編みみたいなところがめんどくさかったです。

編む期間は2日くらい

耳あてになる部分がそこそこに手間がかかります。

拾い目もしなきゃいけなかったりして、なんだかんだで2日ほどかかりました。

 

RavelryのNeon Ski Bonnetの注意点

海外の人は頭が小さいデス

こじっぺの頭が大きいだけかもしれませんし、そもそも編む前にきちんとゲージを取らないこじっぺが悪いんですが…。

 

編んでみたらかなり小さかったんですね…。

本体部分まで編んだものがこちら…。

f:id:koshibu:20160112172506j:plain

子供でちょうどいいサイズ…。

スポッと脱げます

本当に被っているだけなので、強風が吹いたらそのまま飛んで行きそうな感じです。

被り口がゴム編みじゃないので、「ちょっと風には弱いのかなぁ?」というイメージがありました…。

 

冬の北海道とか、スキーにはあんまり向かない帽子かもしれないです。

 

見た目はとってもかっこいいので、町歩きにはとっても素敵だと思います!!